MENU

これだけは避けた方が良い食べ物って?

新しいおもちゃで一緒に遊ぶ赤ちゃんとママの様子

妊娠中は食べない方が良いと言われている食べ物でも、摂り過ぎに気をつければ大丈夫というお話をしてきました。

しかしながら、いくつかの本当に注意しなければいけないものがあります。それが、流産や死産にも繋がるトキソプラズマと呼ばれる寄生虫と、リステリア菌を含む食品です。

このふたつが含まれている可能性のある生肉や、加熱殺菌されていないナチュラルチーズなどは、妊娠中は避けるべき食品となります。

赤ちゃんの成長にも大きく影響するトキソプラズマ

お腹の中で大きく育つ赤ちゃんの動きを手で確認するパパ

トキソプラズマは寄生虫の一種で、汚染された土などが感染源となります。胎盤を経由して赤ちゃんに感染すると、流産や死産・水頭症などを発症する可能性が高くなるんですね。

ママが妊娠前に抗体をもっていれば問題はないのですが、菌を避ける生活が一般的になった現代では、子供の頃土で遊んだ経験のないママが多くなり、抗体を持っていない方が増えていると言われています。

妊娠初期の検診で、赤ちゃんに影響する感染症にママが感染していないか血液検査で調べますが、検査項目にトキソプラズマが含まれていない病院もあります。心配であれば、担当の先生に相談してみてください。

検査でトキソプラズマが陰性であった場合は、抗体をもっていないということであり、注意が必要となります。

トキソプラズマを避けるために気をつけたい食品
トキソプラズマの感染する可能性の高い生ハムやサラミソーセージ

まず、生肉はできるだけ避けるようにしてください。具体的には、生ハムやユッケ・サラミソーセージ・レアステーキなどですね。

また、お肉を調理する際には、中までしっかり火が通っていることを確認することも大切になります。生肉に触れた後はよく手を洗い、まな板やシンクの洗浄も丁寧に行うと安心です。

土のついた野菜や果物はしっかり洗ってから調理する

加熱処理のされていないナチュラルチーズも、妊娠中は避けたい食品になります。プロセスチーズは食べても問題ありません。また、土のついた野菜やフルーツはしっかり洗ってから調理することも大切ですね。

これらのことに注意して頂ければ、普段の食事からトキソプラズマに感染する可能性は非常に低くなります。

抗体をもっていないママが、知らずに生肉やナチュラルチーズを食べてしまって心配になった場合は、まずは担当の先生に相談してみてください。ママが妊娠中に感染しても、全ての赤ちゃんが感染するわけではありません。

感染が強く疑われる場合でも、投薬による治療でその影響を大きく軽減することも可能になっています。

妊娠中に積極的に摂りたい食べ物って?


感染することはまれでも注意したいリステリア菌

妊娠初期の血液検査でママの感染症を確認する医師

リステリア菌は感染すると、発熱や頭痛などの症状を発症し、まれに早産や流産の原因にも繋がるとされています。感染すること自体も非常にまれですが、妊娠中は免疫力も低下しているため、お腹に赤ちゃんのいるママには注意が必要です。

ただ、妊娠初期にリステリア菌の検査をしているところはほとんどなく、担当の先生に相談しても心配しなくて良いと言われるかもしれません。しかしながら、ちょっとした意識で感染のリスクを抑えることができる菌でもあるんですね。

リステリア菌を避けるために気をつけたい食品
リステリア菌に感染する可能性のある加熱処理されていないナチュラルチーズ

リステリア菌は、トキソプラズマと同じく加熱殺菌していないナチュラルチーズや生ハム・肉や魚のパテ・スモークサーモンなどに付着している場合があります。

牛乳なども加熱殺菌されたものを選ぶようにし、牧場などで搾りたてのものを飲むのは控えた方が良いかもしれません。感染することはまれですが、避けられるリスクは避けた方が安心ですね。

リステリア菌は塩分にも強く、冷蔵庫の中でも増殖していきます。生肉は冷蔵庫の下の方で保管するようにし、もしものときでも他の食品に移らないようにすると良いと思います。他の食中毒菌と同じように、そのほとんどが加熱することで予防が可能ですから、しっかり火の通った食事を心掛けるようにしたいですね。

トップページへ

このページの先頭へ